カー用品を高く売る為のコツ

2018年08月09日(木)

現代社会で移動手段として使われる事の多い車ですが、
移動中より快適に過ごす事を目的とした製品が数多く出ています。

中でも多くの方がご使用になる機会が多い物は、カーステレオなどのオーディオ機器や地図を広げずに、目的地へと案内を教えてくれるカーナビ
近年では事故対策の面などから注目されているドライブレコーダーなどがございます。

その他のカー用品を高く買い取ってもらう方法について簡単にご説明します。

製品に関する周辺部品などが揃っているか?

カーナビなど車と接続をする際に必要になってくるケーブル類、外箱や取り扱い説明書などの使用方法の掲載のある物、外部から入力可能なリモコンが揃っている場合は買取に差が出てきます。
すべての部品が揃った状態とそうで無い場合では買い手側のお客様のニーズに影響がある為、揃った状態の方が高く買い取りやすいと言うお店側からの視点があります。

購入からの使用歴より年式の新しさ

あまりご使用をされていない場合であっても、年式の古い物はご購入をされた時よりも大幅に値が下がってしまう事が多く、年式の新しい物に替えられる方の需要が多い事が影響されています。
ご不要になってしまった場合、まだ年式が新しいからと言ってしまい込んでしまうなどせず、新しい製品を購入する資金を作る事を目的として、年式が古くならないうちに売却されると言うのもまた方法の一つかと思います。

メーカー・ブランド

購入をする側として考えた場合、何を気にして購入をするのかを考えると簡単な部分でメーカーなどがあげられるかと思います。
有名なメーカーやブランド製品などは少し年式が古い程度では意外と値崩れすることが少ない場合があります。
先にお話をした事とちぐはぐにはなりますが、メーカーのネームバリューとしての価値は年式の古さを少し緩和してくれる場合があります。

使用状況による製品の状態

使用をすることによって変化してしまう点は、傷・汚れなどが出来てしまうことです。
その中でも程度によって買取価格に影響が出てきしてしまう事があります。
例えば物をぶつけてしまったりなどによる大きな傷、日光による日焼け跡、装飾などを行ったシール汚れなど粘着性のある物が剥がれない状態になっているなどその他にも要因は多数あると思います。
ある程度の経年劣化などは使用感として大きな値下げのを生み出す事はありませんが、大きな傷や汚れは大幅に査定額を下げてしまう原因になります。
特に外装のヒビや完全に割れてしまっている場合は、より買取が難しい場合もございますので、交換の際など傷などがつかない様にするなどしていただくと良いと思います。

動作状況

日常的にご使用をいただいていた物に関しては、動作確認などもしやすい思いますが、一度ご使用をやめてしまったりなどで、ご自宅などにしまい込んでしまうと、精密機器の製品は劣化してしまう事があります。
動く・動かないで買取査定は大きく差が出てきますので、動作している内に売却してしまうのも良いと思います。

動作不良品

外見はとても綺麗なのにディスプレイが割れてしまっている場合や、操作が困難になってしまっている場合は、買取としてはとても難しくなってしまいます。
ただし、有名なメーカーなどの場合、買取が可能な事もございます。
有名なブランドメーカーなどではその製品のパーツを交換する事が出来る場合がある為、年式の新しい物が該当しますが、動作不良の場合でも買取が出来ると言うこともございます。
動作不良品は基本的には買取が難しい場合が多い為一概に良いメーカーだから大丈夫というわけではございません。
年式が古い人気があまりないなどの場合は、買取が出来ない事が多いです。

カー用品の買取実績

  |  

お問い合わせ
メール査定はこちら LINE査定はこちら

出張買取エリア

買取エリア

東京都

埼玉県

高価買取ウラワザ 高く売るはこちら

For visitors

これまでの出張買取実績はこちら

会社概要

リサイクルケイラック志木駅東口店店頭

住所
埼玉県志木市本町5-22-8 1F

営業時間 10:00~19:00

定休日 水曜日

電話 048-423-8909

アクセス
東武・東上本線の志木駅東口から徒歩5分

古物営業許可証
埼玉県古物営業許可証
第431040033737

産業廃棄物収集運搬許可証
埼玉県 第01100190337
東京都 第1300190337

リンク

リサイクルケイラック和光市店のホームページはこちら
楓商会のホームページはこちら